誰でも英語の動画チュートリアルを7割くらい理解する方法

 

こんにちは、ワタリビト(@wataribito)です。

今回はタイトルの通り、英語が分からなくても英語チュートリアルが7割くらい理解できる方法を紹介します。

 

Web制作やモデリング、イラストメイキング、その他もろもろ…etc

世の中には日本語より英語のチュートリアルのほうが数や情報量、質が高いモノがたくさんあります。

英語だからと避けてきた人の助けになると幸いです。

 

*動画(Youtube)チュートリアルでのお話です。

 

英語チュートリアルを理解するコツ

 

英語ができなくても大体の内容を理解することはできます。

皆さんはチュートリアルを見るときってしゃべりを聞くより、目で見て何を選択してどのボタンを押すのか…という画面操作を見ていませんか?

分からない英語を耳で聞いて理解しようとするより、目で見て操作法を直接マネしたほうが楽だし効率的なんです。

 

目で見て理解しやすくするための工夫を下で紹介するよ!

 

英語チュートリアルを7割理解する方法

 

動画のチュートリアルならYoutubeの設定次第で良く分かるようになります。

その方法はこの3つ。

  1. 字幕を表示する
  2. 再生速度を変える
  3. 高画質表示にする

 

字幕を表示する

 

簡単なことで、プレーヤー右下の歯車アイコンの左の四角いアイコンを選択。

ここで翻訳する言語を日本語にしてもいいんですが、口語や早くしゃべっていると不明瞭な翻訳になってしまいます。

しかし、英語の字幕を表示させればかなり高い精度で翻訳してくれるので英語にするのがおススメです。

(どうしても分からない単語や変換できない文章はもう仕方ないのでGoogle翻訳しましょう)

 

ちなみに、字幕にはフォントや大きさ、透明度なども設定できます。

 

再生速度を変える

 

長時間の作業を圧縮したいわゆるタイムラプスのような動画がよくありますが、この手の動画は通常の2~10倍速くらいで流れます。

さすがにこの速さだと何をしているのか分からないので、プレーヤーの歯車アイコンから再生速度をタップして操作が目で追える速度に変えます。

音声やBGMもゆっくりになって聞き取りづらいけど、視覚から理解するのなら気にしなくても大丈夫ですね。

(不快ならミュートすればOK)

 

右上のカスタムから好きな速度に調整することもできるんですよ。

 

高画質表示にする

 

ネット環境によってはデフォルトで画質が低く設定されていることがあります。

画面がぼやけて見えづらいときは歯車をタップして画質を選択、なるべく高い数値を選ぶと少しロードが入って画質が鮮明になって見やすくなります。

また、タッチパッドでピンチしたり拡大鏡ツールを使えば画面をズームできて、さらに細かいところもハッキリ見やすくなりますよ。

 

おまけ 動画再生をキーで操作する

 

実はYoutubeはキーで動画再生を操作できるんだよ。

 

シークバーにカーソルを合わせて操作するより断然楽なので覚えておいて損はないですよ~。

キー操作

J 10秒戻る K  再生/停止 L 10秒進む

< 5秒戻る > 5秒進む

ひらがなの「ね」のキー コマ戻し

ひらがなの「る」のキー コマ送り

 

英語の動画から学べることはたくさんある!

 

この3つを設定すると目で見て操作方法を理解しやすくなります。

今まで英語から逃げていた人も「操作を見るだけ」と考えれば拒絶反応も起きにくいんじゃないでしょうか。

英語チュートリアルにはおもしろいことや思わずへえ~!となったりワクワクするTipsがいっぱい含まれています。

もしかしたらスキルアップできたり、もっと好きになれるかもしれませんね。

 

ぜひ英語チュートリアルから新たな発見をたくさん吸収してワクワクしましょう~!

少しでもおもしろいと思ったらシェアお願いします?